2017年9月14日 (木)

韓国版DVD 『アシュラ』(2disc) 予約販売開始

D912736564_p

発売日:9月28日

Disc - 2枚

上映時間: 132分
字幕:韓国語、英語
リュ―ジョンコード:3

Special Features
- Commentary by 監督キム・ソンス、チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフン、グァク・ドウォン、チョン・マンシク
- Commentary by 監督キム・ソンス、撮影イ・モゲ、照明イ・ソンファン、助監督キム・ソンハン、プロデューサー キム・ジョンミン
- Commentary by 監督キム・ソンス、映画監督オ・スンウク、記者チュ・ソンチョル
- 噛みつ噛まれつの悪人たち(メイキング)
- 悪人たちの衝突(アクションメイキング)
- カーチェイシング設計(カーチェイシングメイキング)
- To. アスリオン
- 隠された地獄(削除シーン)
- アンナムメトロポリス PPT映像 Full Ver.
- 制作記映像
- 二つの顔の悪党たち
- 予告編

[出典:アラジン]

チュ・ジフン、狎鴎亭『Emoi』の前で~Instagram

20170914_1

201709142

狎鴎亭『Emoi』の前で目撃されたジフンさんとハ・ジョンウさん。

[出典:Instagram@cha_min_uk]

[公式立場]ペ・ドゥナ側"キム・ウニ作家『キングダム』、出演検討中"

201709141516776024_59ba22522b8e9

ペ・ドゥナがキム・ウニ作家の新作『キングダム』出演のオファーを受けた。

ペ・ドゥナの所属事務所セッピョルダンエンターテイメント側関係者は14日、OSENに「『キングダム』出演を置いて検討中」と明らかにした。先だってキャスティング候補に上がったリュ・スンニョン、チュ・ジフンもペ・ドゥナと同じ立場である。

スケジュールが問題だ。ペ・ドゥナは、現在のソン・ガンホ、チョ・ジョンソクなどと一緒に釜山で映画『麻薬王』の撮影に集中している。これと共に、米国のドラマにも出演する予定だ、実質的に時間的な余裕が不足している状況。

ペ・ドゥナが『キングダム』のラインナップに、最終的に合流することになるのか、ファンの期待が集まっている。

[OSEN]

[単独]リュ・スンニョン、『キングダム』でお茶の間復帰...キム・ソンフン×キム・ウニ会う

30000345610_700

俳優リュ・スンニョンがキム・ソンフン監督、キム・ウンヒ作家と手を握ってブラウン管に復帰する。

業界関係者によると、リュ・スンニョンは、ドラマ『キングダム』のチョハクジュの役割を提案されて最終的な調整中だ。  'チョハクジュ'は王よりも大きい力を持つ朝廷の実力者だ。線の太いカリスマが引き立つアンタゴニスト(敵役))キャラクターになると思われる。別の主人公である皇太子役にはチュ・ジフンが有力な候補に上がっている。

映画『7年の夜』(監督チュ・チャンミン)に続いて『念力』(監督ヨン・サンホ)の撮影を終えたリュ・スンニョンはスケジュールと詳細を調整してテレビ劇場カムバックを準備している。ドラマ出演は、2010年の『個人の趣向』以降、なんと7年ぶりだ。

忠武路で株価を上げていたリュ・スンニョンはキム・ソンフン監督の演出力とキム・ウニ作家の筆力に厚い信頼を表わしてテレビ劇場復帰を決意したという裏話だ。

『キングダム』は、朝鮮の皇太子が疑問の疫病を調査する過程で、国全体を脅かす残酷な真実を明らかにする話を取り上げた作品。映画『トンネル 闇に鎖された男』のキム・ソンフン監督とドラマ『シグナル』のキム・ウニ作家の呼吸で企画序盤から話題を集めた。

米国の動画ストリーミング企業ネットフリックスが投資および制作する作品で、韓国をはじめとする全世界にお茶の間を攻略するグローバルプロジェクトだ。スター監督と作家ここで最高の演技派俳優として組まれたキャスティングですでに放送界に地殻変動を予告する。

『キングダム』は2018年に放送予定である。

[[SBS funE]

チュ・ジフン側「『キングダム』出演オファー受け前向きに検討中」(公式立場)

1505342977892295

俳優チュ・ジフンがドラマ『キングダム』の主人公になるか。

14日チュ・ジフンの所属事務所キーイーストの関係者は、エックスポーツニュースに「チュ・ジフンが『キングダム』出演をオファー受けて前向きに検討中」と明らかにした。

『キングダム』は、時代劇というおなじみのジャンルにゾンビスリラーのフォーマットを加えた異色の作品で、朝鮮の皇太子が疑問の疫病を調査する過程で、国全体を脅かす残酷な真実を明らかにする話だ。

『シグナル』、『ファントム』、『サイン』などを執筆してきたジャンル物の大家キム・ウニ作家と映画『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』を演出したキム・ソンフン監督の意気投合し、『シグナル』制作会社Aストーリーが制作を務める。

一方、チュ・ジフンは現在、映画『暗数殺人』を撮影中だ。

[エックスポーツニュース]

*『キングダム』は、 来年放送を目標に、今年下半期の撮影に突入する。全8話で企画しており、世界的な動画配信サービスNetflix(ネットフリックス)を通じて放送される。

2017年9月12日 (火)

映画『暗数殺人』撮影現場

Nisi20170912_0000042021_web

釜山創造経済イノベーションセンターは、「2017釜山撮影映画製作支援事業」支援作にキム・テギュン監督の映画『暗数殺人』を選定したと12日明らかにした。

写真は釜山チャガルチ市場で行われている映画の撮影の様子。 2017.09.12。 (写真=釜山イノベーションセンター提供)

[newsis]

 

*ちなみに、9月15・16・17日は、釜山沙上警察署で撮影が行われるみたいですよ。

2017年9月 7日 (木)

Once in Busan IFF~『アシュラ』チーム

20170907_21373088_381276505621008_8

[出典:Instagram@busanfilmfest]

映画『暗数殺人』撮影中のキム・ユンソク

20170907_21433612_256954974813955_8

[出典:Instagram]

キム・ユンソクさんの後ろの方も俳優さんで、昨日の撮影現場での写真にも写っていたので刑事役かと思うんですが...この方がチン・ソンギュさんなのかな?この写真ではよくわかりませんよねcoldsweats01

Resized_20170906_095052_1569787007

2017年9月 1日 (金)

映画『暗数殺人』子供時代のテオ役チョン・テキョン

201709011501502410_1

子役俳優チョン・テキョンくんが、映画『暗数殺人』でチュ・ジフンの子供時代のテオ役にキャスティングされているそうです。

2017年8月25日 (金)

‘シーンスティラー’チン・ソンギュ、『暗数殺人』に出演...キム・ユンソクとチュ・ジフンを追う[公式]

859803832

俳優チン・ソンギュが映画『暗数殺人(監督キム・テギュン)』でチュ・ジフン、キム・ユンソクと呼吸を合わせる。

映画『暗数殺人』は、監獄に閉じ込められた殺人犯が隠してきた7件の追加殺人を自白し始まる犯罪スリラーで、チン・ソンギュは殺人事件を暴く刑事的なキム・ユンソクと殺人チュ・ジフンを追うチョ刑事役を引き受けた。

チン・ソンギュは「従来は私が持っていた善良で忠実なイメージのために演技の幅を広げるのが難しかった。そうするうちに来る10月公開を控えた映画『犯罪都市』で朝鮮族チンピラで初めての悪役を引き受けて私の中に隠されていたパンドラの箱が開かれたようだ。もう似たような役割でも以前とは異なる解釈と演技が出てくる。今回の映画を通じてすべてのものを見せようと思う」、また、「映画『南漢山城』で呼吸を合わせたキム・ユンソク先輩と再び一緒にすることになってとても幸せだ。」と伝えた。

映画界の絶え間ないラブコールを受けている彼は、今年上半期の映画『特別市民』と『無頼漢」で頭角を現し始めており、今年の秋には映画『南漢山城』の吏読ガプヨクに『犯罪都市』ではウィ・ソンラク役で観客を訪ねて行く予定だ。

現在は、映画『コムテンイ』(監督イムジンスン)と映画『金』(監督パク享受)を撮影中だ。

[東亜ドットコム]

«映画『暗数殺人』8/24撮影現場~大新公園散策路

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ