« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

【インタビュー】「仮面」チュ・ジフン「ユーモアを増やして欲しいとお願いした」#2~Cinem@rt

11月29日からの、テレビ東京「仮面」放送スタートを記念し、キャストインタビューを掲載!

インタビュー第1弾は、孤独な御曹司チェ・ミヌを演じたチュ・ジフン。

今回、彼の演じたチェ・ミヌは、極度の潔癖症や水恐怖症など様々な強迫症に悩まされる複雑なキャラクター。しかし、彼はこの"ミヌ"を、孤独で不器用ながらも純粋でユーモアあふれる男として演じ、その結果、多くの視聴者が"ミヌ"を愛さずにはいられなかった。
そんなチュ・ジフンの、この作品への思いをお伺いしました。(全2回でお届けします)

※このインタビューは2016年春に実施されました。

 
1130_tyujifun01

●ドラマでは、激怒するシーンが印象的でした。その他にも、感情を強く表現するシーンが多かったと思いますが、演じられていかがでしたか?

怒るシーンがたくさんあれば、どうしても難しいですよね。なぜなら現実的に撮影現場では集中する時間と台本(内容)を把握する時間が足りないので。なので、悩みません!悩まないで直進です!(笑)ただひたすら、やるしかない!と覚悟を決めて挑むんです。僕はいつもそうしてます。

1130_tyujifun02

●今回、初の悪役演じられたのミン・ソクフン役のヨン・ジョンフンさんと悪役だけど悪役になりきれない女性チェ・ミヨン役を演じられたユ・イニョンさん。"悪役"たちとのご共演はいかがでしたか?

2人とも実際は可愛い方たちなんです。ジョンフンさんは年上だけど可愛い。いつも撮影現場では笑って騒いでいました。撮影が始まる少し前に集中するんですね。そのギャップが笑えました。休日には、皆で集まってお酒を飲んだり食事をしたりしました。ご共演者の方が皆よい方たちばかりで良かったです。

1130_tyujifun03

●印象的な場面がたくさんあったと思いますが、印象的な場面か気に入ったシーンを挙げるとしたら...?

印象的だったのは、水のシーンと火事のシーン。撮るのも難しいし危険です。また特に火事のシーンを撮る時、体調がすごく悪かったんです。歩けない状態だったのですが撮らないといけないので。鎮痛剤をたくさん飲んで。不思議なことにカメラを向けられると、歩けるようになるんです。その時だけ。 必死に撮りました。それが思い出に残ってますね。難しかったし危険でした。

1130_tyujifun04

ドラマの中で印象深いセリフはありますか?

僕のセリフではないのですが、ジョンフンさんのセリフで「金がない人にはつれなくして、金がある人にはゴマをする」というセリフです。この言葉を、正直に言って僕は否定はできません。日常を振り返る機会にもなったし。でも、それは正論じゃなくて、そうじゃない場合もあるよな、と悩まされました。 否定できないけど否定したい気持ちもある。それに物質的に満たされてなくても幸せな人たちも大勢います。いろいろ考えさせられたセリフでした。

最後にこれから見る方に向けてメッセージをお願いいたします。

こんにちは。チュ・ジフンです。久しぶりに皆様とドラマでお会いできて、とても嬉しく気分がいいです。 このドラマにはミステリー、スリラー、またラブストーリー、コメディー全部あります。好きな物を選べますよ! 皆様にこのドラマを楽しんで、いい気分でご覧頂けたら嬉しいです。

1130_tyujifun05

[出典:Cinem@rt]

<復習レビュー>きょうの「仮面」・第2話公開~Cinem@rt

テレビ東京で放送中の「仮面」。この<復習レビュー>では、その日放送されたあらすじやCinemart的見どころを簡単にご紹介していきます。ドラマを見た人も、見逃してしまった人も、放送された回のちょっとした振り返りにぜひご利用ください。

第2話 「記憶をたどる少年」

 

 

2_cydx6znviaa1vej

2_cydx9ukaawu7h

2_cydx_2mucaa9ocj


【お昼のオマケ】「仮面」第2話オマケ写真です。プールに浮かぶウナさんと海に沈んだジスクさん。対となって表現されていて印象的でした。同じ人が演じているのに見進めていくと一人二役ということが気にならなくなるんです。役者さんってすごいですね。では明日も見てくださいね~! #ドラマ仮面

[出典:SPO_韓ドラ@テレ東「仮面」 ‏@SPO_KanDra]

2_cyeoaqducaalk2w

2_cyen_1kveaa_ju7

2016年11月29日 (火)

【インタビュー】「仮面」チュ・ジフン 「ユーモアのあるシーンを増やして欲しいとお願いした」#1~Cinem@rt

11月29日からの、テレビ東京「仮面」放送スタートを記念し、キャストインタビューを掲載!

インタビュー第1弾は、孤独な御曹司チェ・ミヌを演じたチュ・ジフン。
今回、彼の演じたチェ・ミヌは、極度の潔癖症や水恐怖症など様々な強迫症に悩まされる複雑なキャラクター。しかし、彼はこの"ミヌ"を、孤独で不器用ながらも純粋でユーモアあふれる男として演じ、その結果、多くの視聴者が"ミヌ"を愛さずにはいられなかった。
そんなチュ・ジフンの、この作品への思いをお伺いしました。(全2回でお届けします)

 

※このインタビューは2016年春に実施されました。

1129_tyujifun01

つづきはこちらから→★

<復習レビュー>きょうの「仮面」・第1話~ Cinem@rt

本日よりテレビ東京で放送スタートした「仮面」。本日より、放送に併せて復習レビューを開始!その日放送されたあらすじと、Cinemart的見どころを簡単にご紹介していきます。ドラマを見た人も、見逃してしまった人も、放送された回のちょっとした振り返りにぜひご利用ください。

つづきはこちらから→★

161129_kamen04

Cyzicfaukaajbig

テレビ東京 韓流プレミア「仮面」スタート!

Cyyojbmxaaeiaer Cyyoks6wqaa0cu Cyyom5fxcaaxo67

おはようございます!このあと8時15分からテレビ東京 韓流プレミアにてチュ・ジフン×スエ主演「仮面」がスタートします!第1話「300万ウォンの幸せ」ぜひご覧ください! http://www.tv-tokyo.co.jp/kamen/ #ドラマ仮面

[出典:SPO_韓ドラ ‏@SPO_KanDra]

2016年11月28日 (月)

KBS『映画が好き』~このシーンどう撮ったのだろうか?

『アシュラ』からは、カーチェイスシーンが出てきますよ。

アシュラ in 釜山~BADA TV

Bada_tv

『仮面』カウントダウン~チュ・ジフン

Cyuanr3vqaanqyw

遂に明日29日からテレビ東京で始まるチュ・ジフン×スエ主演の「仮面」。カウントダウンのトリはお待たせ!ミヌ役のチュ・ジフンさんです!まさに「宮~」のシン君が大人になって再び現れたようだと大評判の演技をお見逃しなく! http://tv-tokyo.co.jp/kamen/ #ドラマ仮面

[出典:SPO_韓ドラ ‏@SPO_KanDra]

出発!ビデオ旅行 - キム・ギョンシクの映画vs映画/アシュラ/マッドマックス 怒りのデス・ロード

『仮面』カウントダウン~スエ

Cypvuiwukaeaecb

11月29日(火)からテレビ東京で始まるチュ・ジフン×スエ主演の「仮面」。カウントダウン本日の担当は主演ジスクとウナの二役を演じたスエさんです!素晴らしい演技力と、"ドレスエ"とも言われる美しい存在感はさすがの一言! http://tv-tokyo.co.jp/kamen/   #ドラマ仮面

[出典:SPO_韓ドラ ‏@SPO_KanDra]


   
*1日遅れでごめんなさ~い^^;; 今日はいよいよジフンさんの番かな?^^

2016年11月27日 (日)

『神と一緒に』撮影情報~南楊州総合撮影所

20161127_15253283_1727998737517494_

20161127_14677256_1785404945061934_

[出典:Instagram@jisoo_yang1985]

南楊州総合撮影所で、ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ドンウク、キム・ヒャンギが撮影しているみたいですよ。

2016年11月26日 (土)

KEYEASTアーティストプロフィール写真更新

201611231316571

KEYEASTのアーティストプロフィールの写真が更新しました。

2017年KEYEASTカレンダーのジフンさんも小さすぎてよくわからなかったけど、コレで納得ですね^^

11081223_5821454760e8b

『仮面』カウントダウン~ヨン・ジョンフン

Cyl4hqyucaaajxg

11月29日(火)からテレビ東京で始まるチュ・ジフン×スエ主演の「仮面」。カウントダウン本日の担当は最高の悪役ソクフンを演じたヨン・ジョンフンさん。ドラマを見始めた人もれなくソクフンの虜になると思います!怪演必見! http://www.tv-tokyo.co.jp/kamen/   #ドラマ仮面

[出典:SPO_韓ドラ ‏@SPO_KanDra ]

2016年11月25日 (金)

第37回青龍映画賞受賞者および受賞作

第37回青龍映画賞受賞者および受賞作

▲最優秀作品賞:'インサイダーズ/内部者たち'
▲監督賞:'哭声'ナ・ホンジン
▲主演男優賞:'インサイダーズ/内部者たち'イ・ビョンホン
▲主演女優賞:'お嬢さん'キム・ミニ
▲助演男優賞:'哭声'國村隼
▲助演女優賞:'プリースト 悪魔を葬る者'パク・ソダム
▲新人男優賞:'ドンジュ'パク・ジョンミン
▲新人女優賞:'お嬢さん'キム・テリ
▲新人監督賞:'私たち'ユン・カウン
▲音楽賞:'哭声'
▲美術賞:'お嬢さん'
▲撮影照明賞:'アシュラ'
▲技術賞:'釜山行き'
▲脚本賞:'ドンジュ'
▲編集賞:'哭声'
▲清浄園(チョンジョンウォン)人気スター賞:チョン・ウソン、國村隼、ペ・ドゥナ、ソン・イェジン
▲清浄園短編映画賞:'夏の夜'(イ・ジウォン監督)
▲韓国映画最多観客賞:'釜山行き'
 

D87f69dd500ccd7be4bab9d51844685e

『アシュラ』からは撮影照明賞イ・モゲ(撮影)、イ・ソンファン(照明)、人気スター賞チョン・ウソンが受賞しました!shine

チュ・ジフン、2016年韓国映画俳優協会「スターの夜」 "人気スター賞部門" にノミネート

2016

「韓国映画俳優協会スターの夜-大韓民国トップスター賞」の人気スター賞の部門にチュ・ジフン(アシュラ)がノミネートされているみたいです。

尚、2016年韓国映画俳優協会「トップスター賞授賞式」は、12月14日(水曜日)PM 17:30より開催されます。

[ムービーIS]『アシュラ』再結合?ファン・ジョンミン-チョン・ウソンなど "再び団結しよう"口約束

20161125090200475

アイドル再結合だけあるだろうか。心さえ合えば、映画チームの再結合も十分可能である。歴代級チームワークを誇​​った『アシュラ』チームが再び団結の兆しを見せている。

映画関係者らによると、映画『アシュラ(キム・ソンス監督)』を導いた主演5人組ファン・ジョンミン、チョン・ウソン、クァク・ドウォン、チョン・マンシク、チュ・ジフンは『アシュラ』の興行不振に対する責任感と物足りなさに『アシュラ』メンバーそのまま再び団結しようと同意を集めた。

いつ、どのようにどんな方法で一緒にするのか具体的な計画や方策を立てたわけではないが俳優たちが先頭に立って推進する可能性が濃厚である。

もちろん『アシュラ』の続編ではない。ストーリー上『アシュラ』の続編は、制作自体が不可能であるため、全く異なるジャンル、違った雰囲気の作品の話を交わしたと。現実なら映画界を代表する俳優たちが再び一つになるのに大きな意味がある。

制作会社サナイピクチャーズと配給会社CJエンターテイメントの反応も肯定的である。関係者も「プロジェクト実現の可能性が高い」と口をそろえた。終始一貫暗く重い『アシュラ』を通じて男映画の頂点を極めただけ再び団結してもアクションスリラーのジャンルではないという耳打ちだ。

ある関係者は、日刊スポーツに『アシュラ』俳優たちが、関係者たちが集まった席で「もう一度意気投合しよう」という口頭の約束をした。すれ違うように、流れで突然に取り出した言葉ではない」とし「MBC『無限挑戦』で披露した姿のようにコメディジャンルや多少軽いジャンルであれば、さらに楽しく撮影することができ勝算があるようだ」と伝えた。

『アシュラ』チームの雰囲気は、歴代のどの映画よりも良かった。主演級俳優たちが大挙一つになったのにも関わず一般的な気力の戦い一度なかった。関係者たちの間で「一緒に働いたチームの中で最も良かった」という評価を受けたのも、まさに『アシュラ』チームである。だから、誰もが心を尽くして映画の興行を願ったが惜しくも果たせなかった。俳優だけでなく、制作会社・配給会社などスタッフまで『アシュラ』チームの再結合を望んでいるだけに一度は再び一つになりそうだ」と強調した。

その間『アシュラ』メンバーたちは二二に分かれて、他の作品で、最初に呼吸を合わせることになる見込みである。ファン・ジョンミン-チュ・ジフンは『工作』に参加を事実上確定し、チョン・ウソン-クァク・ドウォンは『鋼の雨』出演を肯定的に検討中だ。それぞれ大作を終えた後、軽い映画を披露するのも悪くない形という反応である。

『アシュラ』クランクイン前、大きい兄さんファン・ジョンミンは「このメンバーをいつか再び会うことができるか。この組み合わせは、ここで終わりだ。だからすることができる最善を尽くそう」となだめながら熱意を燃やした。後悔のない情熱を注ぎ込んだったので物足りなさはより大きい。映画界をはじめ、映画ファンまで『アシュラ』の興行失敗は予想していなかった。成績表だけを除いてすべてが良かった。終わっていない『アシュラ』メンバーたちの挑戦が後日興行で有終の美をおさめることができるか関心が集められる


 

*実現したらいいですね~^^

2016年11月24日 (木)

[キム・ジヘのノンフィクション]'すべてを投げたので'...チョン・ウソン、初の主演男優賞の意味

30000555106_700

[SBS funE |キム・ジヘ記者]俳優チョン・ウソンがデビュー以来初めて主演男優賞を受ける。

来る12月2日午後6時、釜山映画の殿堂シネマテークで開かれる釜山映画評論家協会賞授賞式でチョン・ウソンは『阿修羅(邦題:アシュラ)』(監督キム・ソンス、制作サナイピクチャーズ)で男性演技者賞の栄誉を授かることになった。

デビュー22年目の俳優チョン・ウソンの初の主演男優賞である。しかもその作品が永遠の映画パートナーキム・ソンス監督と15年ぶりに再会した映画を通じて行われたのは特別な意味だ。

チョン・ウソンは、映画『ビート』(1997)で一躍スターになった。青春の悲傷と試練をスタイリッシュな映像で表現したこの作品は、韓国青春映画の道しるべを立てた。チョン・ウソンとキム・ソンス監督は『太陽はない』(1998年)、『MUSA-武士-』(2001)まで相次いで協業して、最高の映画のコンビとして位置づけられた。

以来、キム・ソンス監督はナビピクチャーズを設立し、韓国と中国を行き交う映画制作に集中し、チョン・ウソンは様々な挑戦をを広げフィルモグラフィーを積み重ねていった。二人が再び会うまでにはなんと15年という時間がかかった。

『阿修羅』は、2016年に韓国映画界の問題作だった。腐敗で点綴された'安南市'を物語の舞台に設定したキム・ソンス監督は悪い奴らの泥仕合を血と暴力で表現した。最終的には、正義がいや一抹の善が勝利するという観客の期待を徹底的に裏切ったまま「慈悲のない世界」の地獄を描くことで、映画を終えた。

チョン・ウソンを筆頭にファン・ジョンミン、チュ・ジフン、クァク・ドウォン、チョン・マンシクなどこれまでにない豪華なキャスティングを誇ったので、映画の観客の期待は格別だった。公開初日青少年観覧不可映画の新記録(47万人)を立て華やかに出発したが、最終スコアは損益分岐点に満たない250万人に留まってしまった。誰も予想しなかった失敗だった。

しかし、この映画の成敗は、スコアが基準にならなかった。映画に対する不好が大きかったただけ好もはっきりした。 『阿修羅』を愛情する観客は3~4回繰り返し観覧をし「今年最高の映画」だと親指を立てた。これらは'アスリオン'と呼ばれた。

チョン・ウソンとキム・ソンス監督、プロデューサー ハン・ジェドク サナイピクチャーズ代表は、映画の上映を終了しても'アスリオン'のための特別上映会を開いて感謝の意を表した。

この映画への愛情は、俳優らとスタッフらについて行くことができない。興行成績とは別に監督とプロデューサー、俳優、スタッフたちが映画を従来のどんな作品よりも惜しんだ。すべての映画関係者が、自分が作った映画を誇りに思っているわけではない。 『阿修羅』チームの自負心は冒険なしに安全なストーリーだけを志向する韓国映画界で妥協せずに話そうとしたところを最後まで追求したことに対する満足だった。

特に主演俳優チョン・ウソンには忘れられない作品である。彼は『阿修羅』にすべてのものを投げた。既存のイメージを転覆したのはもちろんのこと、発声からの声まで演技トーンを全て変えた。その結果、観客は見慣れない新しいチョン・ウソンの顔を見ることができた。

最初の台本リーディングの時からキム・ソンス監督はチョン・ウソンを厳しく責め立て、撮影現場でも「これまでに見せることができなかったことを見せてほしい」という注文を絶えずした。チョン・ウソンは、当時を思い浮かべながら「それが何であるか分からなくて、恐ろしくて辛かった」と吐露したりもした。

しかし、諦めなかった。自身の中に隠れていた野獣本能を起こし、人生のどん底に落ちた刑事'ハン・ドギョン'を作り出した。チョン・ウソンの演技が完璧だったというわけではない。ただし、彼は従来とは異なるチョン・ウソンを示すために挑戦し、その結果を十分に見せてくれた。映画に向けた、演技に向けた情熱だけは拍手を受けて当然である。

『阿修羅』の評価は以前としてまちまちである。批判する多数と熱狂する少数が共存する。この作品は、後日カルト映画として生まれ変わるかもしれない。ある作品は、発表された同時代ではなく、後世に正しく評価受けたりする。

30000550220_700_1

「仮面」テレビ東京公式サイト、相関図とフォトギャラリー更新

Tvtokyo

【来週からスタート】11月29日(火)からテレビ東京で始まる「仮面」ですが、テレビ東京のサイトにて相関図とフォトギャラリーがアップされましたー。いよいよあと5日!お楽しみ~ http://www.tv-tokyo.co.jp/kamen/index.html … #ドラマ仮面 ←ハッシュタグこれにしようかな

ちなみに相関図はドラマ公式サイトにもありますので、こちらと併用して予習するも良しです!魅力的なキャストが盛りだくさんです。 http://www.cinemart.co.jp/mask/cast.html #ドラマ仮面

[出典:SPO_韓ドラ ‏@SPO_KanDra]


*今放送中の韓流プレミア☆『伝説の魔女~愛を届けるベーカリ』の放送直後にも『仮面』の番宣動画が放送中ですよ。
私は今朝、『仮面』の番宣動画を録画したんだけど雪情報と気象情報のテロップが画面の左と下側にしっかり映っていて(;´д`)トホホでした..

『神と一緒に』インスタ情報

20161124_14540546_226321841134542_8

#神と一緒に #セッティング #不可抗力#寒い そのまま火をつけてしまおうか..

[出典:Instagram@cinetic16]

2016年11月22日 (火)

映画『工作』チェ・チャンミン撮影監督のインスタグラムから

20161122_15101535_369534303393677_5

いつのまにか時間が..クランクイン2ヶ月も残らなかった.. 映画#工作#ロケハン#ユン・ジョンビン監督#ファン・ジョンミン#イ・ソンミン#チョ・ジンウン#チュ・ジフン

[出典:Instagram@dop_chan]

『神と一緒に』小道具の車

20161122_15056584_1189309981146276_

神と一緒に 沃川 現場入り ナイト撮影なのに なぜこんなに時間がないか..久しぶりにがんばろう2トン半トラックたちよ#日常#デイリー#映画#神と一緒に#撮影#小道具車#映画の小道具車#カオス#政府章#二トン半トラック#熱心に働く

[出典:@han_jung91]

2016年11月21日 (月)

[チュ・ジフン掲載情報]韓国TVドラマガイド別冊 保存版・最新ドラマFILE

本日11/21(月)発売、『韓国TVドラマガイド別冊 保存版・最新ドラマFILE』に、ドラマ『仮面』全20話解説が3ページにわたって掲載されています。

本屋さんに行ったらパラパラっと見てみてね^^
 
Cxxgpv1uaaa3mid

Cxxgvoduuaadfs4

チョン・ウソンの大胆な発言に賞賛の声「朴槿恵、出てこい」

俳優チョン・ウソンが朴槿恵(パク・クネ) 大統領に対して厳しい一撃を加えた。聞く人々をすっきりとさせる一言だった。

20日、映画「阿修羅」のファン団体観覧会でのチョン・ウソンの発言がSNSで大きな話題になっている。ファンたちはチョン・ウソンに即席の演技を求めたが、チョン・ウソンは劇中のセリフである「パク・ソンベ、外に出てこい」とパロディし、「朴槿恵、前に出てこい」と叫んだ。

チョン・ウソンの大胆な発言にファンたちは拍手と歓呼を送った。もどかしい政局で人々をすっきりとさせるチョン・ウソンの一言だった。

これに先立ち、チョン・ウソンは自身が文化界のブラックリスト入りしたという報道に対する発言も話題になった。3日「ロンドン韓国映画祭」に出席したチョン・ウソンは「言いたいことがあったら言って暮らすのが1番良い。その時代の既得権勢力が何かを求め、その要求の強制に抵抗するとリストに名を載せたりしますが、気にしないでください。彼らが作ったものであって、私たちはただ私たちが言いたいことを言うだけですから。そうすべきだと思います」と答え、反響を得た。


[OSEN:日本語訳文Kstyle]


『神と一緒に』撮影情報

20161121_15056526_1785427071711976_

[出典:Instagram@jisoo_yang1985]

上の写真は、沃川(オクチョン)の撮影現場から。木曜日まで大田で撮影だそうです。

2016年11月18日 (金)

しっかりとした演技力備えたチョン・ジフン、『神と一緒に』出演...チュ・ジフンと呼吸[公式]

Htm_20161118111954256888

俳優チョン・ジフンが映画『神と一緒に』に出演する。

チョン・ジフンの所属事務所セッピョルダンエンターテインメント側は18日「チョン・ジフンが『神と一緒に』で、両親の代わりに祖父ホ・チュンサムと暮らしていく孫ヒョンドン役で出演する。チュ・ジフン(ヘ・ウォンメク)、キム・ヒャンギ(ドクチュン)と一緒に事件を引っ張っていく重要な役割を担当する」と伝えた。

『神と一緒に』は、人間の“死”の後あの世の世界で49日間に開かれる7回の裁判の過程で人間の物事に介入してはいけない冥土の官吏たちが、仕方なく介入することになり繰り広げられるストーリーを描いた映画だ。

『カンナさん大成功です!』、『国家代表!?』、『ミスターGO!』のキム・ヨンファ監督の新作であり、チュ・ホミン作家の人気ウェプ漫画『神と一緒に』原作を土台にしている。ハ・ジョンウ、チャ・テヒョン、チュ・ジフン、マ・ドンソクのキャスティングで話題になった『神と一緒に』は、閻魔大王役のイ・ジョンジェを含めて、キム・ヒャンギ、キム・ドンウク、EXOドギョンス、キム・ヘスク、オ・ダルス、イム・ウォニ、チャン・グァン、チョン・ヘギュン、キム・ハヌルなど派手なキャスティングで期待を集めている。チョン・ジフンは幼い年齢にもかかわらず、どこに跳ねるかわからない自分だけの魅力で撮影現場に活気を吹き込んでいる。

2014年SBSドラマ『エンジェルアイズ』とKBSドラマ『カッコウの巣』に出演して同じ年頃の俳優たちの間で独歩的な技量を見せたチョン・ジフン。以後、映画『ミス・ワイフ』に出演してオム・ジョンファの息子ハル役を消化し、あどけない魅力で特別な存在感を表わし子役スターの誕生を予告した。 tvN『また、オ・ヘヨン』ではエリックの子供時代を演じるなど、大型の作品の出演を経て、しっかりとした演技力を立証した。

チョン・ジフンは、今回の『神と一緒に』でヒョンドン役を演じ、錚々たる先輩演技者たちの間で特別な存在感を現わす見通しだ。

『神と一緒に』は、韓国映画初の2部作同時制作され、2017年の夏からそれぞれ順次公開される。

[出典:日刊スポーツ]

マ・ドンソク - イェ・ジョンファ熱愛認定...所属事務所の先輩・後輩から発展

Image_readmed_2016

映画俳優マ・ドンソク(45)と2015年アメリカンフットボールW杯国家代表チームストレングスコーチ イェ・ジョンファ(28)が恋人関係であることを認めた。

二人はデイドリームエンターテイメント所属という共通点がある。関係者はマスコミを通じ、二人が3ヵ月目交際していることを伝えた。

マ・ドンソクは上映予定作の主演を演じたものだけ『ワンダフルライフ(仮題)』と『神と一緒に』2編におよぶトップクラスの俳優だ。

[出典:MKsports]

2016年11月17日 (木)

「仮面」テレビ東京の公式サイト更新

Cxdqghfuuaayjsh

11月29日(火)よりテレビ東京にて放送が始まる、チュ・ジフン×スエ「仮面」!テレビ東京の公式サイトも少しづつアップされ始めております!番組紹介につづき、キャスト・スタッフがアップされました!

韓流プレミア 仮面:テレビ東京 http://www.tv-tokyo.co.jp/kamen/

[出典:SPO_韓ドラ ‏@SPO_KanDra]


 
ドラマ『仮面』から”財閥”とか”陰謀”とか”欲望”とか..韓国ドラマ特有のドロドロを取り除くと―

政略結婚と契約結婚の違いはあるけど

『仮面』と『逃げ恥』、”ムズキュンのツボ”は同じだわcatfaceと思うのは私だけかしランランnote

Nigehaji_6 Vd12942565_w640_h360
 

2016年11月16日 (水)

韓流T.O.P vol.51のチュ・ジフン

Hanryu_top_p3839 Hanryu_top_p4041 Hanryu_top_p4243 Hanryu_top_p4445

Hanryu_top_vol51p35_jpg

「韓流T.O.P」vol51(2017年1月号)のジフンさんの記事は、インタビュー記事が8ページと 釜山国際映画祭での記事が1ページです。

2016年11月15日 (火)

トレーニング中のチュ・ジフン

ジフン兄さん背中運動する時撮影

肩と肘の負傷だったのに
熱心に運動されたジフン兄さん
#チュ・ジフン#背中運動#チュ・ジフントレーナー
#キコーチ
#STEADY BODY STUDIO
[出典:Instagram@steady_870529]
 
 
Photo

[tvN]チュ・ジフン♥ガインカップル、鳥肌立つほどの彼らのラブストーリー?!名簿の公開 140話


チュ・ジフン - ガインの熱愛ビハインドが公開された。

去る14日に放送されたtvN「名簿公開2016」で最も熱いスターカップルが公開された。

この日チュ・ジフン、ガインカップルは5位に名前をあげた。二人は知人との集まりで初めて出会ったことが分かった。

新人の頃からお互いに力になってくれた二人は、8年間の兄妹の間過ごしてきチュ・ジフンが、ガインのミュージックビデオに出演したことをきっかけに恋人の間に発展した。特に、そのミュージックビデオで、二人は濃い19禁スキンシップを繰り広げて話題を集めた。

『神と一緒に』コーヒートラックケータリング

20161115_14624403_1294702223904306_

映画#神と一緒に撮影現場に行ってきました。ご飯食べるの俳優#ハ・ジョンウさんが1mもないのにおられたが、後で行く時分かりましたね;)寒いけど、みんな風邪注意してください:)#ケータリング#コーヒートラックケータリング#映画サポート#芸能人貢ぎ物#コーヒーマシン

[出典:Instagram@coffeetruck82]

2016年11月14日 (月)

『アシュラ』

14976360_1193370690729104_599616118

2016年11月13日 (日)

映画『アシュラ』(2017/3/4公開) 邦題決定版ティザー予告編【公式】

チョン・ウソン×ファン・ジョンミン×チュ・ジフン競演!まるで韓国版アウトレイジ!韓国最強の俳優人が贈る、堕ちていく哀しき悪人たちー

映画『アシュラ』2017/3/4公開決定!邦題決定版ティザー予告編【公式】

早速大反響を頂いております『アシュラ』ティザー予告編ですが、邦題が正式に決定したバージョンも投稿させていただきました!是非、こちらもRTやお気に入りをしていただけると嬉しいです。公開まで待ちきれない!との声が続々と届いております♪

ちなみに『アシュラ』のレーティングはR15+で決定しました!
韓国では青少年観覧不可ではありましたが、韓国版からのカットはなし!
そのままの『アシュラ』を皆さんにお届け致します! 今後の情報にもご期待下さい。

[出典:CJEJ公式 『アシュラ』3月4日公開 ‏@CJEJmarketing]

2016年11月11日 (金)

映画『アシュラ』(2017/3/4公開)ティザー予告編【公式】

映画『阿修羅(原題)』が邦題『アシュラ』として、2017年3月4日(土) より日本公開されることが決定しました!

チョン・ウソン×ファン・ジョンミン×チュ・ジフン競演!まるで韓国版アウトレイジ!韓国最強の俳優人が贈る、堕ちていく哀しき悪人たちー 映画『アシュラ』2017/3/4公開決定!

[出典:Twittwe@CJEJ公式]

Cw8ybuwucaentjd

悪人VS悪人! チョン・ウソン主演の韓国映画「アシュラ」17年3月4日公開

[映画.com ニュース] 「MUSA 武士」のキム・ソンス監督によるクライムサスペンス「阿修羅」(原題)が、「アシュラ」の邦題で2017年3月4日から公開されることが決定し、劇中カットもお披露目された。

ソンス監督作への参加は4度目となるチョン・ウソンが主演を務めるほか、「ベテラン」のファン・ジョンミン、「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」のチュ・ジフンといった韓国の実力派キャストが結集。クァク・ドウォン、チョン・マンシクら名バイプレイヤーが脇を固め、救いようのない悪人たちが自らの生き残りをかけて“地獄絵図”のような闘いを繰り広げていく様を描き出す。

映画の舞台となるのは、韓国の架空の都市“アンナム市”。刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は末期がんの妻の治療費を稼ぐべく、利権と成功のために各所で犯罪に手を染めるパク・ソンベ市長(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を請け負っていた。だが、パク市長の不正と犯罪容疑を明らかにしようと目論む検事たちに脅迫されたことで、ドギョンは窮地に追い込まれてしまう。

劇中カットでは、パク市長が自身の手駒であるドギョン刑事の首を片手で締めるというスリリングなシーンを切り取っている。2人の絶対的な主従関係が如実に感じられ、パク市長に扮したジョンミンの鬼気迫る横顔が印象的な1枚だ。

「アシュラ」は、17年3月4日から東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

 
 

2016年11月10日 (木)

チュ・ジフン×ツンデレ=最強

Cw4s7i7uqaqr57

【SPOドラマ倶楽部】<おすすめ作品>を更新!現在、アジドラTVにて放送中&11/29~テレビ東京で放送開始のこのドラマ。やっぱ、チュ・ジフン×ツンデレ=最強hearthttp://www.cinemart.co.jp/dc/

【SPOドラマ倶楽部★今週のアクセスランキング】ささやかに実施中のSPO作品HPアクセスランキング。やはりチュ・ジフン氏強し!「仮面」どんどんランクアップ!トップ10公開中

[出典:Twitter‏@SPO_KanDra (SPO_韓ドラ)]

チョン・ウソン"第17回釜山映画評論家協会賞"男演技賞を受賞

1478744873535082_99_20161110113407

男演技者賞の受賞者には、キム・ソンス監督の『阿修羅』で主役を演じたチョン・ウソンが選ばれた。チョン・ウソンは、ノワールジャンルの中、残酷な運命に耐える人物を演技して、俳優として転換点を迎えたという点が審査員から高い評価を受けた。

第17回釜山映画評論家協会賞の授賞式やフォーラムは、12月2日、映画の殿堂で開催される。

2016年11月 9日 (水)

『韓流 T.O.P』VOL51のチュ・ジフン情報

11/16発売、『韓流 T.O.P』VOL51 (2017/01月号)掲載のジフンさんの記事の一部が公開です。

11081703_582186bb5f2ee

 

2016年11月 8日 (火)

161029放送、KBS『映画が好き』 1+1~『阿修羅』

証明写真モデルのチュ・ジフン!?

20161108_15034998_370463106678302_6

20161108_15034998_370463106678302_2

町内写真館行ったがチュ・ジフンが証明写真モデルふふ#チュ・ジフン#証明写真#パスポート写真#芸能人証明写真

[出典:Instagram]

2016年11月 7日 (月)

第37回青龍映画賞候補発表

第37回青龍映画賞候補者 (作)が発表。『阿修羅』は5部門でノミネートされましたよ。

 

◇第37回青龍映画賞候補者 (作)リスト

▲最優秀作品賞:『哭声』、『インサイダーズ/内部者たち』、『ドンジュ』、『'密偵』、『釜山行き』、『お嬢さん』

▲監督賞:キム・ジウン(密偵)、ナ・ホンジン(哭声)、バク・チャンウク(お嬢さん)、ウ・ミンホ(インサイダーズ/内部者たち)、イ・ジュンイク(ドンジュ)

▲主演男優賞:クァク・ドウォン(哭声)、ソン・ガンホ(密偵)、イ・ビョンホン(インサイダーズ/内部者たち)、チョン・ウソン(阿修羅)、ハ・ジョンウ(トンネル)

▲主演女優賞:キム・ミニ(お嬢さん)、キム・ヘス(グッバイシングル)、ソン・イェジン(德惠翁主)、ユン・ヨジョン(殺してあげる女)、ハン・イェリ(最悪の一日)

▲助演男優賞:キム・イソン(釜山行き)、マ・ドンソク(釜山行き)、オム・テグ(密偵)、オ・ダルス(トンネル)、國村隼(哭声)

▲助演女優賞:ラ・ミラン(德惠翁主)、パク・ソダム(プリースト 悪魔を葬る者)、ペ・ドゥナ(トンネル)、チョン・ユミ(釜山行き)、チョン・ウヒ(哭声)

▲新人男優賞:パク・ジョンミン(ドンジュ)、イ・ウォングン(網)、イ・サンユン(私に会いに来て)、ジス(グローリーデイ)、チョ・ウジン(インサイダーズ/内部者たち)

▲新人女優賞:カン・ハナ(帰郷)、キム・テリ(お嬢さん)、キム・ファニ( 哭声)、ユンジュ(私一人で休暇)、チョン・ハダム(スチールフラワー)

▲新人監督賞:キム・テゴン(グッバイシングル)、ヨン・サンホ(釜山行き)、イ・イルヒョン(華麗なるリベンジ)、チャン・ジェヒョン(黒プリースト 悪魔を葬る者)、ユン・ガウン(私たち)

▲撮影照明賞:キム・ジヨン&チョ・ギュヨン(密偵)、イ・モゲ&イ・ソンファン(阿修羅)、イヒョンドク&パク・ジョンウ(釜山行き)、チョン・ジョンフン&ベ・イルヒョク(お嬢さん)、ホン・ギョンピョ&キム・チャンホ(哭声)

▲編集賞:キム・サンボム&キム・ジェボム(インサイダーズ/内部者たち)、キム・ソンミン(哭声)、キム・チャンジュ(トンネル)、シン・ミンギョン(プリースト 悪魔を葬る者)、ヤン・ジンモ(釜山行き)

▲脚本賞:キム・ソンフン(トンネル)、ナ・ホンジン(哭声)、シン・ヨンシク(ドンジュ)、パク・ジュソク(釜山行き)、ウ・ミンホ(インサイダーズ/内部者たち)

▲美術賞:イ・フギョン(哭声)、チョ・ファソン(密偵)、イ・モグォン(釜山行き)、リュ・ソンヒ(お嬢さん)、チョン・グニョン(阿修羅)

▲音楽賞:キム・テソン(プリースト 悪魔を葬る者)、モグ(密偵)、イ・ジェジン(阿修羅)、チャン・ヨンギュ&タルパラン(哭声)、チョ・ヨンウク(お嬢さん)

▲技術賞:クァク・テヨン&ファン・ヒョギュン(釜山行き_特殊メーク)、キム・ナムシク(トンネル_視覚効果)、ペク・サンフン(プリースト 悪魔を葬る者_視覚効果)、チョ・ サンギョン(お嬢さん_衣装)、ホ・ミョンヘン&チェ・ボンノク(阿修羅_武術)

第37回青龍映画賞は、11月25日、ソウル慶煕(キョンヒ) 大学平和の殿堂で開催されます。

2016年11月 6日 (日)

チョン・ウソン「文化系ブラックリスト?気にしない」

俳優チョン・ウソンの「文化系ブラックリスト」関連発言が話題だ。

6日のニュース打破は、YouTubeを通じて、3日に開かれたロンドン韓国映画祭の記者会見で、映画『阿修羅』キム・ソンス監督とチョン・ウソンが‘文化系ブラックリスト’について言及している映像を公開した。

映像でチョン・ウソンは、自分の名前がブラックリストに載っているという言葉に「全く知らなかった」と笑った。

彼は続いて「言いたいことは言いながら生きるのが一番良いのではないか。自由に表現しながら生きなければならない」とし、「利害衝突はいつの時代にでもありますが、その時代の既得権勢力が何かを要求し、その要求の強要に抵抗したら、リストに名を連ねることになる」と述べた。

それとともに「気にしない。彼らが作ったんだ、私たちは、私たちがしたい話をするのだから。そうでなければならないと思う」と付け加えた。

 


 

キム・ソンス監督とチョン・ウソンさんとサナイ ピクチャーズのハン・ジェドク代表はすべての日程を終えたようですよ^^

14701183_1714694492182478_173434155

Going back home

[Instagram@tojws]

2016年11月 5日 (土)

ロンドンで会ったチョン・ウソン"映画<阿修羅>苦しかった"

2016110501000475300030141

映画『阿修羅』は典型的なノワール映画の文法を伴わない。 正義が勝利することも、そうだと観客たちの後頭部をうつような反転もない。 登場人物たちの大半が悪人だ。 程度の差だけである。 悪人たちに満ちた、そうしながらも現実世界とさほど違わない世界は地獄であることを赤裸々に見せてくれる。 商業映画として興行に対する胎生的限界を持って出てきた。

それでも演技力と大衆性を備えた役者らが大勢出演した。 チョン・ウソンを筆頭に、ファン・ジョンミン、チュ・ジフン、クァク・ドウォン、チョン・マンシクなどがそれらだ。 彼らはなぜ'地獄'のような映画を選んだのだろうか。 チョン・ウソンがロンドンでヒントを明らかにした。

チョン・ウソンは4日夜(現地時間)、英国ロンドンのリージェント・ストリートシネマ(RSC)で観客たちと会った。 第11回ロンドン韓国映画祭(LKFF)に『阿修羅』が招待された。 映画が終わった後、チョン・ウソンはキム・ソンス監督とともに観客たちと対話する時間を持った。

チョン・ウソンは「キム・ソンス監督が'久しぶりにしたい話がある'と言った。 '当然する'と言った。 ところでシナリオを読んでから'これが何です'と問い返した」と明らかにした。 それほどありふれたストーリーではなかった。 結局、『阿修羅』の好き嫌いはっきりと分かれた。 累積観客数は259万人だった。 損益分岐点の250万人をかろうじて越えた。

チョン・ウソンの説明は続いた。 「普通の映画やノワールジャンルのケースを見てみよう」と口を開いた彼は「ストーリーの上の叙事で、主人公が危機を勝ち抜く。 正義まではないかも知れないが、勝利の快感を得ることが、私たちが見てきた映画の慣習的な主人公」と切り出した。 彼は「阿修羅の主人公は'ハン・ドギョン'ではなく、(背景都市である)'安南'という世界観である」とし、「そのためにその世界観でどれほど似合ってハン・ドギョンのように生き残るかがカギだった。 そのキャラクターを見せる作業であると考えた」と明らかにした。

もどかしさを訴えた。 彼は「主人公が主人公らしくないて息苦しかった」、「主人公にならないハン・ドギョンが安南という極めて映画らしい世界観にあった。 ハン・ドギョンは私たちの時代のミッド・ウォーカーらを映す鏡のだった」とキャラクターの意味を説明した。

キム・ソンス監督も加勢した。 彼は「犯罪アクション映画やフィルムノワールは善良な人が善良な意志を持った暴力で、悪人が持った悪い暴力を勝って痛快感を与える。 それが観客との約束」とし、前提を敷いた。キム金監督は「しかし、実際それは、映画だけに出てくる 」、「現実では善良な人が悪に勝つケースを見たことがない。 悪人同士争って、内部分裂で崩壊されるケースは見た。 最近、韓国もそうだ」と言った。 さらに、「だから、映画の中で善良な人がまったく出てこない。悪人が支配する邪悪な社会は、善良な意志や善良な考えが足を踏み入れる場所がないと思った」と制作理由を明らかにした。 それだけ現実をそのまま見せようとしたという意味だった。

結局、映画『阿修羅』は現実世界の鏡となった。

―以下省略―

[出典:スポーツ朝鮮]

【関連写真をFBから】

14890409_1109388949158401_660458568 14990915_1109388785825084_657863790 14991021_1109388882491741_227201663

2016年11月 4日 (金)

あ!絵コンテだ^^

20161104

小さくてよく見えないけど、でも嬉しいなsmile

『神と一緒に』撮影情報

20161104_14709395_639089126263321_5

今日の撮影には、ハ・ジョンウさん、キム・ドンウクさん、EXO ディオ(ド・ギョンス)くんなどが撮影に参加しているみたいです。

インスタに書いてある "グウムリ" という地名が北(北朝鮮)と南(韓国)のどちらにも存在しているのでイマイチよくわかんないですけど^^;;

漫画の通りだとすれば、南北軍事境界線で任務中に起こる銃の暴発事故のシーンの撮影のような気がしますね^^

第11回ロンドン韓国映画祭での『阿修羅』チーム

14676484_353739224968926_4856839856 14733590_1320636577970878_749751203 14726191_1072342849530264_157818046 14736163_354202074925522_5207141731 10725039_719249621564188_2868539336

『阿修羅』は、チケット販売二日で完売を記録するほど、英国現地でも注目されているそうです。

2016年11月 2日 (水)

『神と一緒に』撮影情報

20161102_14736222_690983717745361_4

 
今日、一山でハ・ジョンウさんとド・ギョンスくんが『神と一緒に』の撮影をしていたそうですよ。

ちなみに、ジフンさんは目撃情報が正しければ済州島にいるみたいです..(T_T)

KOREAN CINEMA TODAY Vol.26 表紙は『阿修羅』

Korean_cinema_today_vol26

KOREAN CINEMA TODAY Vol.26の表紙は『阿修羅』です。

カバーストーリーとしてキム・ソンス監督のインタビューと

『阿修羅』のVFXを担当した4th Creative Party の記事が掲載されています。

[雑誌掲載情報]『韓流 T.O.P』VOL51 (2017/01月号)~『阿修羅』チュ・ジフン

10311751_581705f807aba

隔月『韓流 T.O.P』VOL51 (2017/01月号)

発売日:2016/11/16

■MOVIE SPECIAL in KR

★★チュ・ジフン★★チョン・ウソン★★『阿修羅(原題)』
映画『阿修羅(原題)』は、権力に溺れる者と、それにしがみつく男たちの修羅を描いた韓国ノワール。主演のチュ・ジフン、チョン・ウソンが、共演者や監督について、さらに自身の役どころについて語ってくれました。

詳細はこちらから→★

2016年11月 1日 (火)

[uri-news映像]第5回フランクフルト韓国映画祭~『阿修羅』

【放送情報】ドラマ『仮面』~公式FB

20161101_proxy

「仮面」が下記にて放送決定です!

既にご覧いただいている方も、まだ未見の方もぜひぜひご覧ください^^

今月末からなので少し先ですが、スケジュール帳に記入を!

テレビ東京

11月29日(火)~

毎週月~金 あさ8時15分~9時11分放送!

http://www.tv-tokyo.co.jp/kamen/

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ