« 『神と共に - 因と縁』スチール写真10種公開 | トップページ | 『神と共に - 因と縁』メイン予告編公開 »

2018年7月11日 (水)

『工作』南と北で会ったファン・ジョンミン - チュ・ジフン、危険なケミストリー

225178_274048_5613

俳優ファン・ジョンミンとチュ・ジフンが映画『工作』でお互いを警戒して疑う姿で危険なケミストリーを作り出した。 映画『工作』は、1990年代半ば、黒金星というコードネームで、北朝鮮の核開発実体を把握していた安全企画部のスパイが、南北の核心権力者間の隠密な取引を感知することから繰り広げられる物語を描いた作品だ。

ファン・ジョンミンとチュ・ジフンは、すでに映画『阿修羅』で呼吸を合わせた。当時、本当の顔を隠した悪徳市長と彼の手下で会った二人は、今回の作品で、南と北に分かれて絶えず牽制する関係で再会する。

黒金星(ファン・ジョンミン)は、北朝鮮の核の実体を把握するように指令を受けて、対北朝鮮事業家に偽装して北朝鮮に向かう。黒金星は北朝鮮の要人に接近するために必ず経なければならない対外経済委部長リ・ミョンウン(イ・ソンミン)に会って対北朝鮮事業を提案して、北朝鮮の国家安全保衛部課長チョン・ムテク(チュ・ジフン)に会うことになる。

しかし、チョン・ムテクは外貨稼ぎより共和国守護を優先視する人物で、事業を目的として北に接近する黒金星を絶えず疑って牽制する。彼は保衛部要員としての任務を掲げて黒金星に難関を提示し、最後まで疑念を離さない。

このような二人の関係は、二人一緒に登場するたびに、一時も緊張の紐を緩めることができないきっ抗した気流を形成する。公開されたスチールは、予測不可能な両者の間の微妙な神経戦を捕捉し、今後どのようなことが起こるのか気にさせる。

チュ・ジフンと再会したファン・ジョンミンは「チュ・ジフンはとても英明な俳優だ。チョン・ムテクという人物について正確にエキスを抜き出す俳優だ。賢くて分析力がある俳優」と絶賛を惜しまず、チュ・ジフンは「ファン・ジョンミン先輩とは、二回目の作業なので気楽に作業することができた。なまりや演技に困難があるとき、先輩がよく導いてくださって楽しくよく撮ることができた」とファン・ジョンミンに対する愛情を表わした。

『工作』は、来る8月8日に公開予定である。

« 『神と共に - 因と縁』スチール写真10種公開 | トップページ | 『神と共に - 因と縁』メイン予告編公開 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1447977/73840571

この記事へのトラックバック一覧です: 『工作』南と北で会ったファン・ジョンミン - チュ・ジフン、危険なケミストリー:

« 『神と共に - 因と縁』スチール写真10種公開 | トップページ | 『神と共に - 因と縁』メイン予告編公開 »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ